歩かない!?

我が家の四女ウィズ。
一番胴が短くてベビーフェイス。
いつまでも赤ちゃんみたいなウィズも今年4歳。

事件は土曜の朝起きました。
いつもうちのだんなさんと寝ている5ワン。
気がつくとウィズだけ1匹で窓辺で震えていました。
呼んでもこちらを向くだけで近寄ってきません。
おかしいと思い立たせてみるとすぐに寝てしまって
左後ろ足がおかしい感じ。

ソケイヘルニア予備軍であるウィズなので、もしかしたら
悪化したかも? それとも骨折?

とりあえず大急ぎで病院に連れて行きました。

レントゲンとエコーの結果、特に左後ろ足に異常は
ないとのこと。
ただ、レントゲンで見つかったのは、背骨と背骨をつなぐ
軟骨の1箇所だけ石灰化しているということ。
先生からは、この状態だといつ椎間板ヘルニアが発症するか
わからないので、段差などに十分気をつけてくださいとのこと。
もしかしたら今回の麻痺も一時的に背骨からきているものかも
しれないので、とりあえず安静にしてくださいと言われてました。

ダックスには比較的多い「椎間板ヘルニア」。
でも、実際歩かないウィズを見たとき、本当に大変なことに
なってしまうかもしれないと初めてその病気の恐ろしさを知りました。

とりあえず土曜からウィズだけ隔離して他の4ワンと騒がないように
していました。
でも、一番末っ子のクインがウィズと遊びたくて、ずっとウィズのいる
ケージのそばから離れません。
夜もケージの近くに陣取り、いつもならだんなさんと一緒に寝るはずの
クインはウィズが見える場所で寝ていました。
なんとも微笑ましい光景。

安静にしてお薬を飲んだおかげなのか、おかげさまで今日の朝は、
少し後ろ足をかばっているもののみんなと一緒に走り回っていました。
b0059087_617482.jpg

[PR]
by mar_dy | 2009-09-14 06:17 | ウィズの日々